治療の効果と市販の薬|最新技術AGAの効果を信じよう|悩み皆無

最新技術AGAの効果を信じよう|悩み皆無

男性と女性

治療の効果と市販の薬

先生

長い期間が必要

大阪でもAGAの治療について一番知りたいのは効果が有るか、無いかではないでしょうか。効果がないのに治療を続けることは経済的、肉体的、精神的に大きな負担になります。効果があることが分かっていれば根気がいる治療にも耐えることができるでしょう。AGA治療で主に使われているプロペシアに関して製薬会社が行った臨床試験では1日1錠を3年間、服用した場合98%の人に発毛の効果がありました。また1年間の服用では改善された人が58%、変化がなかった人が40%になっており、効果があったのは約半分になっています。この結果から分かることはAGA治療を行ってから効果を感じるまでは長い期間が必要だということです。プロペシアは狂ってしまったヘアサイクルを正常に戻す作用が、ありますがヘアサイクルは年単位を基準に回転しているため効果を感じるまで根気よく取り組んでいかなければなりません。このことから大阪でも効果が出るまで長い期間かかりますが、臨床試験の結果からも試してみる価値は十分にあります。

ミノキシジルの育毛剤

大阪でAGA治療を行っているとき少しでも良い結果を出したいものです。この場合、市販の薬を併用することで相乗効果は期待できるのでしょうか。もし通院している薬の効果を妨げるようなことがあるなら意味がありません。逆に市販の薬を使うことで効果が大きくなるなら大いに活用したいところです。実際のところプロペシアとミノキシジルが入っている市販の育毛剤を同時に使うことは、効果があることが日本皮膚学会も認めています。そしてプロペシアと相乗効果が出せる一般の育毛剤の特徴としては、発毛促進と頭皮ケアが同時にできるような成分数が豊富なものが効果的になっていることです。大阪でもプロペシアと相性の良い市販育毛剤を使うことで相乗効果を生みます。しかし不安がある場合は担当のお医者さんに相談してみることです。